27:マイナスかプラスかを決めるのは・・・

一見マイナスに見える状況・・・

 

今サルヴァの4年生は2人だけです。

同じ学年が少ないという、普通の大人からすれば一見マイナスに見える状況・・・

本当にそれはマイナスなのだろうか?

彼ら2人は、普段カテゴリーU-12の試合に出場し、6年生4人、5年生6人、4年生2人とメンバー的にも厳しい状況・・・

 

その状況で、何を思うのか?

「上の学年やし、仕方がない・・・」と思うのか?

「フィジカルを無にする駆け引きを磨いて、上手くなってやる!」と思うのか?

 

一見マイナスの状況をどうとらえるかで、

未来は真逆に進んでいく。

 

この状況を、誰がマイナスと決めるのか?

決めるのは、状況ではない・・・

マイナスかプラスかを決めるのは、

”自分の心“

 

今週末、彼ら2人は、3年生を率いて、U-10大会に挑み、2大会連続で優勝しました!

彼らにとって、

カテゴリーも

同学年の人数も

大人がマイナスだと思う状況も

関係ない。

彼らにとっては、フットボールを楽しみ、誰よりも上手くなってやると思っているに過ぎない。

 

 

 


マイナスかプラスかを決めるのは・・・

 

同学年が多ければプラス・・・

強いチームにいるからプラス・・・

勝ったからプラス・・・

いい大学に行けばプラス・・・

大企業に行けばプラス・・・

果たしてそうなのだろうか??

 

どんな状況でも、必ずプラスとマイナスが存在し、

どんなに良く見える状況にいても、マイナスを積み重ねる人もいる。

 

人数が、多いのか、少ないのか

チームが、強いのか、弱いのか

トレセンに、選ばれるのか、選ばれないのか

Jクラブなのか、街クラブなのか

・・・

 

状況に関わらず、

マイナスをとらえる心しかないのか?

プラスを積み重ねる心が育っているのか?

自分の心次第で、未来は真逆に進んでいく。

 

そして、彼らは2人でも、

プラスを積み重ね続けている。

 

WRITER-KUME

 


関連記事