21:狙いをもって遊ぶ

低学年には遊びながら発想させることが多々あります。指導者が子どもたちと一緒にサッカーを遊ぶとき、3つの狙いをもって、遊ぶことにより指導しています。

 


1)イメージ・発想を誘発

 

Q:年代によって、どんなコーチングが適切か?

一概には言えませんが、コーチのタイプは大きく2種類にわかれると思います。

 

ロジックコーチング(論理的に働きかける)

プロでは、指導者より選手の方が上手いのが普通。

論理(ロジック)でサッカーを指導することによって、

「この人の話を理解していくと上手くなる。強くなる。」

と信頼関係を結んでコーチングしていく。

 

プレイコーチング(身体に働きかける)

年齢が低い程、プレイを魅せたり。映像でプロのプレイを魅せたり、イメージを膨らませる工夫が必要になってきます。

子どもは、見てイメージを膨らませることで、できるようになる能力が高く、イメージから身につけた動きは自然で柔らかい。

逆に年齢が高くなるにつれて、目で見て動くことが難しく、論理的に動きを教えることによってイメージを持たせる必要がある。

他のスポーツでも、アイスホッケーでは、子どものころにイメージから身につけた子の動きは自然で柔らかく、大学生からはじめた選手は、イメージと共に「なぜ速く滑れるか?」を論理的にも教えていくと速く滑れるようになっていく。しかし、動きは固い・・・。

ゴルフでも、子どものころにイメージで身につけた子は自然で柔らかく、大人からはじめた人は飛距離は伸びるが動きは固い・・・。

強さ、速さは大人になってからでも伸びるが、 柔らかい動き、柔らかい発想は、子どものころに伸ばす必要があります。

 

Q:子どもはいいプレイを見るだけでいいのか?

子どもは、プレイコーチング(身体に働きかける)によって、見てイメージして自然な動きを表現する。

では、ロジックコーチング(論理的に働きかける)は不要なのか?

もちろん、子どもの頭に働きかけることは非常に重要ではあるが、それは論理中心ではないと考えます。

子どもは論理的に考えることより、脳でイメージを三次元的に捉えることが得意です。

 

そのため、子どもに話すときは、論理中心ではなく、

『イメージが膨らむ話』『発想が誘発される話』によって脳に働きかけ、イメージを作り伝わることが大切です。それが論理的につながっていくようにしていく。

ダマスことを魅せる。ずるいことを魅せる。驚くことを魅せる。空中を魅せる。サッカーの楽しさを魅せる。・・・

大人が一緒にプレイして遊ぶ中で、プレイと言葉によって、イメージと発想を誘発させることには意味があります。

 


2)負荷のコントロール

 

2つ目は、大人の間合いは長いため、子どもへのプレッシャーの負荷をコントロールすることが可能です。

● 初めは軽いプレッシャーにより子どもにボールを保持させるが、自分の円から離れるボールは奪う。

● 円の中でコントロールできる子どもには、駆け引きのないプレイは阻止するが、駆け引きのあるプレイにはダマされる。

● ボールを隠すプレイは奪うが、こちらの脳を上回ろうと向かってくるプレイにはダマされる。

● 駆け引きのないパスはインターセプトするが、発想したパスにはダマされたり・・・。

● 詰めるスピードを少しづつ高めたり、足を伸ばす間合いを少しづつ伸ばすことによって、駆け引きレベル、ボールコントロールレベルを高める。

・・・etc

各自のレベルに合わせて、負荷をコントロールすることによって、技術を磨いたり、発想することを誘発させていく効果があります。

 


3)伝わる力の+

 

『伝えることが大事なのではなく、伝わることが大事。』

● 話すこと100%の指導者

● 話すこと50%+プレイ50%の指導者

● 話すこと10%+プレイ90%の指導者

どんなバランスであれ、指導者は、子どもたちのイメージをどこまでも膨らませることができる反面、簡単に萎ませることもできてしまう・・・

また、その子の心を広げることもできれば、狭めてしまうこともできてしまう・・・

 

子どもたちが、どう感じているのかを観察して、言葉を二次元的に伝えるのではなく、イメージを三次元的に膨らませられる指導者は、子どもたちにとって良き指導者だと思います。

 

子どもたちは、成功と失敗の中で、ボール技術を磨いています。

指導者も、子どもたちを観察して、伝わる力を磨き続けることに終わりはないと思います。

 

選手は、ボール技術が表現方法であり、それによって人を動かす

指導者は、観察力と伝わる力こそ表現方法であり、それによって人の心を動かす

 

WRITER-KUME

 

 


活動

 

大会、トレーニングマッチに招待して頂いたチーム関係者の皆様、対戦して頂いたチームの皆様、各カテゴリーがサッカーを存分にプレーさせて頂き、ありがとうございました。

 

U-10 ミズノジュニアサッカー大会 (4/28)
和泉FC招待
(4年5人+3年5人)

 

U-10 トレーニングマッチ (4/29)
大阪東淀川FC招待

 

U-9 優勝
蹴球春祭2018 (4/30)
YSC大阪招待
(3年9人)

 

U-8 優勝
Copa Awajishima Spring Challenge (4/30)
FORTE FC・福良FC招待
(2年7人+1年3人)

 

関連記事

 

 


お問い合わせ

ドリブルスクールの予定・お申し込み、チームへの体験希望はコチラから

興味のある方は、代表白井までお気軽にお電話下さい。