行間に隠された意図

夏休み最後の2日間は、FOOT UNION JAPAN主催のFUJサマーフェスタに参加(U-12 / U-10)

このフェスの一番の魅力は、 岩谷篤人氏と共にゲームを観察できること。

 

 

初日

岩谷さんが選手に発していた言葉の意図を考えながら、ゲームを観察。

夜にその真意を聞いて、幾つもの意図が隠されていることに唖然・・・

 

2日目

サルヴァの試合を一緒に会話しながら観察

 

 

岩谷さんは「こうしなさい。ああしたほうがいい。」と指導者に言うことはない。

 

選手に考えろと言いながら、

指導者が何でも教えてもらって考えないようでは、選手が考えるわけがない・・・

 

会話の行間に隠された言葉を、こちらが気づけるようになって、初めてそのメッセージの真意がわかる。

時には他チームのゲームを通して、サルヴァに足りていないことに気づかせてくれる。

 

前はそのメッセージが拾いきれていなかった・・・

隠れた真意に気づかないのは、

そのことが見えていないから・・・

見えていなければ、「こうしなさい」と教えられても、

そうは指導できない・・・

 

気づけるようになって、初めてそのことが見えて指導できる

 

『行間に隠された意図に気づけるかは、自分の成長次第』

 

 

 


 

夏の間、信頼できる指導者仲間と共に、じっくりゲームを観察することによって、気づくキッカケを頂き、指導力を伸ばすチャンスにつながります。有難い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠征の合間に、全学年で忍者の里へ。

忍者の方々のアクションとトークに、全員がナイスなリアクションとツッコミを入れ続ける。

サッカー選手の前に、立派な関西人に育っていっています。