仲間のミスは・・・自分のミスは・・・

3連休2つのカテゴリーが優勝しました。

仲間が引っかけたミスを察知して助ける。そんなカバーをしてくれる選手は仲間にとって、お助けマンです。

サルヴァではいつも

”勝つこと” と ”上手くなること”

を目指して試合をしています。

 

ミスのお陰で・・・互いの早いカバーが上手くなっているとも言えますが、

引っかけて助けられている人はどうなのか?

それは、”上手くなっているのか?”

それは、”引っかけることが上手くなっている”のではないだろうか?

 

仲間が自分のミスを助けて許してくれても、

自分が、”自分のミスを許してしまったら”

”上手くなりたい”と言うのは嘘になる。

もっと上手くなりたいなら、”自分は絶対に引っかけない”といつでもどんな状況でも思い続ける。

 

仲間のミスを笑顔で助け

 

自分のミスは許さない

 

そんな強いメンタルで、試合も練習もしている子は必ず違いがでてくる。

 

Uー8 優勝 蹉跎伊加賀蹴球団カップ(10/6)

蹉跎伊加賀蹴球団招待(2年4人+1年4人)

 

Uー9 優勝 カップ戦(6人制)(10/8)

Joga Bonito招待(3年7人)

 

大会、トレーニングマッチに招待して頂いたチーム関係者の皆様、対戦して頂いたチームの皆様、ありがとうございました。

 


関連記事

 

 


お問い合わせ

『ドリブルスクールの予定・お申し込み』『チームへの体験希望』はコチラから

興味のある方は、代表白井までお気軽にお電話下さい。