子どもらしさを消すのは・・・

子どもらしさ

 

Uー7始動、準優勝!

いつも2年生に率いられる立場の1年生5人が、幼稚園を率いて初の大会に挑む。

「相手は8人で、君たち5人。幼稚園助けて戦える?」と聞いてみると、

「当たり前やん。今日は俺らの試合やろ!好きにやっていいんやろ!」

「やろうぜ!やろうぜ!」

と異様に張り切っている。何か目も輝いているし、サッカーを存分に楽しみそうな雰囲気。

 

相手が寄せてきたらダマし。得点決めて喜び。失点したら危機感を磨き。幼稚園ゴールに喜び。決勝はPK戦まで盛り上がって準優勝。

 

試合の待ち時間もサッカーを自由に遊ぶようになり、サルヴァは

 

「自分が楽しいと思うことを、自分たちでやる場所なんだ」

 

とKIDSあがりの2,3年生に続いて、1年生も『子どもらしさ』が全開になっている。

 

 


子どもらしさを消すのは・・・

 

大人に従う『従順さ』ではなく

親に甘える『子どもっぽさ』でもなく

好奇心全開の『子どもらしさ』

 

「あんなんやってみよう。こんなんやったら面白い!」

「勝ちたい!抜いたるぞ!点取りたい!ボール奪うぞ!」

「びっくりさせたろう!」

 

子どもらしさは教えなくても、子どもは全員もっています。

 

子どもらしさを消すのは簡単・・・。

大人社会のいい大人と、子ども社会のいい子どもは真逆の場合も多い。

 

家・学校・塾・公園・サッカー・・・全ての時間に大人が監視して、「それダメ。あれダメ。お行儀良くしようね。」と大人社会の良いで縛れば、簡単に子どもらしさを消せる。

 

子どもらしさを消すと、「やる気出せ」といわないと動かない。

うちの子は無気力で・・・となる。

 

低学年の間は、サルヴァでサッカーする時間ぐらい、笑ったり、泣いたり、成功して喜んだり、失敗してショック受けたり、アホなこと言ったり、その子の『子どもらしさ』を全開にさせてサッカーを好きにさせてあげたい。

 

その中で、サッカーを勝つ為に『思いやり』を育てる。

 

仲間を『思いやる』気持ちを育てることは、サッカーではとても大切だと気づかせていく。

 

それが人として成長させてあげることであり、従うことを教えることではないと思っています。

 

サルヴァにきた数ヶ月で「うちの子ってこんなに積極的やったんや」と驚かれる保護者の方もいます。

 

そんな環境でサッカーをさせたい保護者の方は、お気軽に体験に連れてきて下さい。

 

WRITER-KUME

 

 


活動

 

大会、トレーニングマッチに招待して頂いたチーム関係者の皆様、対戦して頂いたチームの皆様、各カテゴリーがサッカーを存分にプレーさせて頂き、ありがとうございました。

 

U-7 準優勝 ディアブロッサ大阪カップ(6/9)
ディアブロッサ大阪招待(1年生5人+KIDS2人+1人)

 

U-9 3位 石切東杯争奪3年生大会(6/10)
石切東FC招待(3年生8人+2年生3人)

 

U-8/U-12 トレーニングマッチ(6/10)
伊丹少年SC招待

 


関連記事

 


お問い合わせ

ドリブルスクールの予定・お申し込み、チームへの体験希望はコチラから

興味のある方は、代表白井までお気軽にお電話下さい。