10:ドリブルが上手いとは?

ドリブルが上手い選手は?

メッシ、ネイマール、イニエスタ・・・etc

しかし、誰も同じドリブルではない

タッチもリズムもスピードも違う
それでも全世界の人が上手いという

誰のドリブルが正解なんてものはない
あるのは相手にとって効果的なドリブルをしているかどうか

サッカーにおいて相手が存在して
相手には守ろうとするものがある

相手が守ろうとするものを崩すドリブル
相手にとって嫌なことをできるかどうか
それは相手にとって怖いドリブル

初めはタッチなんて何だっていい
「相手の脳を上回る楽しさ」を感じればいい

サッカーを始めた子どもに

● タッチを練習させてから、相手のことを考えさせるのか?

● 「相手の脳を上回る楽しさ」を癖にしてから、タッチを練習するのか?

同じにみえて、2つは全く違う

最初のボタンを掛け間違えると、その後のボタンはズレてしまう

頑張ってボタンをつけ続けていると整っているように見えるが、後で根本的なところにズレがあることに気づく

ズレたボタン(癖)に気づいたら・・・

根本に戻って直せばいい
遠回りに感じるが結局それが効果的

まず相手がいる
その相手をだますことを癖にする
そこからはじまる

上手いドリブルに正解はない
細かいタッチでも、ゆっくりでも、スピードでも・・・

あるのは、相手の脳を上回っているかどうか

球際での攻防の全てで、相手よりも早く触り続けていけるのならば、身体能力的なスピードという概念は違ってくるはずだ

 

ある指導者は言います

「メッシが上手いのは、 小さい頃から試合の中で、生きたドリブル練習をずっとしてきているから

 

チャレンジするならミスもある
だから磨かれるものがある

 

WRITER-KUME

 


 

関連記事

 


お問い合わせ

ドリブルスクールの予定・お申し込み、チームへの体験希望はコチラから

興味のある方は、代表白井までお気軽にお電話下さい。